周りの音が気になったら防音パネル!賃貸でもできる防音対策と生活音をシャットアウト方法などを解説

このサイトは周りの音が気になったら導入を検討したい、防音パネルについての様々な情報をご紹介しています。
賃貸でもできる防音対策と、生活音をシャットアウト方法などを解説しているサイトです。
防音のために役立つパネルの取り付けは工事が必要なのか、という多くの人が知りたいと思われる疑問についても解説しています。
さらに防音目的のパネルを設置するための条件にも触れているので、これから利用を考えている場合におすすめです。

周りの音が気になったら防音パネル!賃貸でもできる防音対策と生活音をシャットアウト方法などを解説

集合住宅に住んでいるため周囲の生活音が気になるという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には防音パネルを利用することを検討してみても良いかも知れません。
防音パネルは一般の人でも気軽に取り付けをすることができるものと、業者に依頼して設置してもらうものがあります。
もし個人で賃貸住宅において気軽に使ってみたいのであれば、比較的安価で自分でも取り付け可能な市販の防音パネルを使用してみるのもおすすめです。

本当に効果があるの?防音パネルの性能とは?

防音パネルは、自分で簡単に設置することができる上、高い遮音性能を発揮します。
防音パネルを設置したいと考えている方の中には、楽器を演奏する音やテレビの音などが周囲に迷惑をかけていないか心配している方もいるでしょう。
防音パネルの中には、音の種類によって6割程度の音を軽減できるものがあり、高い防音効果が期待できます。
子どもにピアノの練習をさせたいけど近所迷惑にならないか不安に思っている方や、壁側にテレビがあり隣室への音漏れが気になる方などにおすすめです。
防音パネルは、女性の方や作業に慣れていない方でも簡単に設置することができ、壁を傷つけないものも多いため賃貸でも安心して設置することができます。
さらにデザイン性にも優れていて、シンプルなものからカラフルなものまでその部屋の壁に合ったデザインを選ぶことが可能です。
設置する場所や用途に合わせて、適したパネルの大きさや好みのデザインを選ぶとよいでしょう。

防音パネルは密度の違いで音を通さない

都会に暮らす人たちの間で、騒音問題は大変大きな問題となっています。
人が多く住むところでは、それぞれの人が出すものや車が通るときの振動が常に鳴り響いているというのが現状です。
また近くに列車などが通っていると、定期的に音が鳴り続けるということもあります。
道路や線路から十分なスペースがとれればいいのですが、都会の授業事情からはそのようなわけにはいきません。
そのようなことから、自分たちが住む住居に防音パネルを設置し遮断しようということが行われています。
これを遮るにはいくつかの方法があります。
一つの方法が吸収という方法で、振動を吸収させて伝えなくしてしまうというものです。
もう一つの方法が反射させるもので、これは外からの振動を跳ね返してしまうというような方法ですが、この防音パネルの特徴というのは、大きな密度と思っているものであるということです。
空気との密度の違いを利用して振動を反射させます。
よく利用されるものに、コンクリートや石膏ボードなどがあります。

防音パネルで使われる方法は吸音と遮音

住宅の防音対策を行う上では防音パネルを利用する方法があり、しっかりと壁などに騒音対策を施すのが一般的です。
音が生じるのは振動から発する波動エネルギーによるもので、それが空間や個体を伝わっていく流れになります。
一般的な住宅ではコンクリートや木材などを利用することが多いですが、何の対策も施していないとそのまま音が通って聞こえてしまう点がデメリットです。
そのため住宅の部屋を作る場合に、生活する中で騒音が気にしなようにするためには防音パネルを利用して音対策を行うことが重要となります。
なお外での音が壁があっても伝わってしまい、騒がしい場合がありますが、防音パネルがあれば振動を吸収し遮ってくれる特徴があります。
振動による波動が音エネルギーを生み出す原理となるので、防音パネルでは徹底的な振動対策を施しているのが一般的です。
パネルに当たっても、それを伝えない様に吸音しますが、まず振動しないような柔らかい素材を用いると遮音までも実現できます。

防音パネルが防ぐことができる音の範囲は?

防音パネルによる防音効果はメーカーや商品によってさまざまですが、最近の防音パネルは技術的な進歩が進んでおり、簡単に設置できるタイプのものでもしっかりとした効果を期待することができます。
リーズナブルな価格で販売されている商品は、15〜20デシベル程度の防音効果を持っているものが多く、これは話し声の内容を聞き取れなくする範囲の効果でしかありませんが、生活する空間では暗騒音と呼ばれる生活音が静かな状態でも30デシベルくらいは出ているので、それなりの効果を得られるといえます。
当然、防音設備が完備されたマンションほどの効果はありませんが、楽器演奏の音で近所からの苦情が出ない程度にすることは可能なので、音を防ぐ範囲もそれなりのものを期待することができます。
防音パネルを選ぶ際は、こういった実際の数字を考慮した上で得られる効果の数字を問い合わせることで、自分の目的に適した商品を見つけることが可能になります。

著者:高松芳文

筆者プロフィール

千葉県千葉市生まれ。
子供が生まれたのをきっかけに自宅に防音パネルを設置。
自分の体験を記事にまとめました。
防音パネルに詳しいサイト